日立システムズ(高橋直也社長)と日立製作所(中西宏明社長)は、基幹系業務システムなどに蓄積した購買実績データの見える化とユーザーによる多次元分析機能によって、原価低減や調達リスクの軽減などの戦略的な購買活動を支援する「SaaS型BIサービス/購買実績分析」を、6月14日に発売する。発売に先立って、日立システムズは、5月8日に申込み受付けを開始した。

 「SaaS型BIサービス/購買実績分析」はSaaS型なので、従来の導入型BIツールと比べて短期間・低コストで利用することができる。また、日立製作所のクラウドソリューション「Harmonious Cloud」の企業間ビジネスメディアサービス「TWX-21」を基盤システムとして利用することによって、高いセキュリティ性や高信頼な運用などを実現している。

 さらに、「TWX-21」で提供している「MRO集中購買サービス」を利用することで、集中購買によるコスト低減効果と、購買データの自動連携・取り込みによる業務負荷軽減効果を高めることができる。

 税別価格は、月額7万3290円から。日立システムズと日立製作所は、「TWX-21」会員や製造業を中心とした企業の調達部門に向けて拡販。また、SaaS型BIサービスのラインアップ強化として、財務会計や販売実績などで必要となる分析サービスメニューを順次拡大し、3年間の累計で300件の契約を目指す。