ATENジャパンは、エンタープライズ向けブランド「ALTUSENシリーズ」の新製品として、遠隔地からPCやアナログKVMスイッチのKVM操作と電源制御ができるリモートアクセスユニットを6月11日に発売する。

 PCやアナログKVMスイッチとキーボード・モニタ・マウスとの間に設置することで、TCP/IPネットワーク経由で機器のコンソール操作や電源制御ができるユニット。手持ちの機器に対して簡単にリモートアクセス機能を付加することができ、電源操作やバーチャルメディアの読み書きも遠隔からできるので、オンサイトでのメンテナンスを必要最小限に抑えられる。

 税別価格は14万5000円。

リモートアクセスユニット「KN1000」