日本アバイア(ロバート・スチーブンソン社長)は、6月1日、中堅・中小企業(SMB)や大企業の小規模拠点向けイーサーネットスイッチとして、高性能ながらコンパクトなきょう体の「Avaya Ethernet Routing Switch 3500シリーズ(Avaya ERS 3500)」を発売した。

 フロー制御やセキュリティなど、ハイエンド機種なみの機能を小型ボディに盛り込んだ。電力効率を改善した電源ユニットのほか、ファンレス動作によって消費電力の削減を図る。アバイア製のIP電話機と接続した際に、ネットワークを自動設定する。ラインアップは6モデル。(ゼンフ ミシャ)