シンガポールに拠点をもつ会計事務所のSCS Global Professionals(SCS Global、坂西映信代表)は、シンガポールの日系企業向けに、日立システムズ(高橋直也社長)がクラウド型で提供するスーパーストリーム(谷本善男社長)の経営基盤ソリューション「SuperStream-NX」を活用した会計アウトソーシングサービスを発売した。

 ユーザーごとに日本語・英語の言語設定ができるほか、多通貨に対応した経営基盤ソリューション。クラウド型サービスなので、日本本社、現地法人、現地会計事務所が、インターネット経由で同じ財務データにアクセスすることができる。SCS Globalは、「SuperStream-NX」を活用し、税制対応サポートや記帳代行とセット提供する会計アウトソーシングサービスをシンガポールの日系企業に向けて提供する。

 このシステムによって、日本本社は現地企業の財務状況をリアルタイムで正確に把握できるようになる。さらに、会計事務所は会計サービスを効率よく提供することができるので、現地企業の業務効率向上を実現する。

 今後、SCS Globalは、香港やマレーシア(9月末までに発売予定)、フィリピン(2013年3月末までに発売予定)など、他の地域でも同様のサービスを提供する。日立システムズは、SCS Globalを通じて、主力事業として強化を図るグローバルITサービス「GNEXT」の一つとして「SuperStream-NX」を拡販し、今後3年間で300社への提供を目指す。