日立システムズ(高橋直也社長)は、6月5日、プライベートクラウド環境を構築したIT機器一式を顧客先に設置し、保守やリモート監視サービスも含めて月額課金方式で提供する「オンサイト型リソースオンデマンドサービス」を発売した。

 サーバー、ストレージ、仮想化ソフトウェアなどを組み合わせたプライベートクラウド環境を顧客先に設置し、保守やリモート監視サービスまでをパッケージ化して月額課金方式で提供するサービス。セキュリティを確保したプライベートクラウドと、安価で短納期のパブリッククラウドのメリット両方を備えている。自社データセンター(DC)のITリソースを、必要なときに必要な量だけ提供するリソースオンデマンドサービス「BusinessStage ROD」の技術を生かした。

 設置した機器の保守サービスや機器・システムのリモート監視サービスもセットで提供し、ユーザー企業の運用・保守の負荷を軽減する。さらに、バックアップ環境として、日立システムズのDCから提供する「BusinessStage ROD」で、安価なBCP対策やシステムの段階的なDCへの移設などもできるようにした。

 価格は、シングルモデルのHyper-V/物理サーバー1台(冗長化機能なし)のメニューで、初期費用が44万9400円から、月額費用が8万5050円から。シングルモデルのVMware/物理サーバー1台(冗長化機能なし)のメニューで、初期費用が47万2500円から、月額費用が11万5500円から。スタンダードモデルのVMware/物理サーバー2台(冗長化機能あり)のメニューで、初期費用が249万9000円から、月額費用が24万6750円から。最低契約期間は3年。日立システムズは、13年度(2014年13月期)末までに累計100社への販売を目指す。