日立システムズ(高橋直也社長)は、5月31日、Windows Server 2008 R2の仮想化機能「Hyper-V」と統合管理ソリューション「System Center 2012」を日立製作所のハードウェアと組み合わせ、プライベートクラウド環境のシステム基盤として一括で提供する「Hyper-V Cloud Pack」を発売した。

 大容量のメモリと高帯域のI/O性能を備えた日立製作所のブレードサーバー「BS500」やストレージ、ネットワーク機器などクラウド基盤に適したハードウェア製品、Windows Server 2008 R2の仮想化機能「Hyper-V」、統合管理ソリューション「System Center 2012」などをプライベートクラウドに適した推奨モデルとして提供する。

 「System Center 2012」を活用して、利用部門からのサーバーリソース要求に対して、ワークフロー形式で自動的にテンプレート化されたITリソースを提供するセルフサービスポータル機能を利用できる。また、サービスポータル機能で部門ごとの利用状況を把握し、個別に課金をするなどの用途にも利用できる。さらに、サービスを構成するハードウェア機器は、事前に環境設定を検証しているので、短期間での導入と安定した稼働を実現する。

 標準システムの構成価格は、5748万7500円から。同社では、主力事業として強化中のクラウドサービスの一つとして、日立グループのクラウドソリューション「Harmonious Cloud」の下で「Hyper-V Cloud Pack」を提供し、顧客のプライベートクラウド導入を支援していく。あわせて、稼働後の監視・運用サービス、保守サービス、ヘルプデスクサービスなども含めて、ワンストップで提供する。