日本コンピュータシステム販売店協会(JCSSA)は、7月6日、「JCSSAワールドカフェ交流会~もっと出会える・もっとつながるスマートスタイルを語り合おう~」を東京・秋葉原UDXで開催する。

 「JCSSAワールドカフェ交流会」は、“出会い”の場が少ないIT業界の関係者の悩みを解消するために企画したイベント。JCSSA会員企業に勤める独身者を対象とし、テーマに応じたディスカッションと懇親会を通じて参加者同士の交流を深めてもらう。

 ディスカッションのテーマは、「この1年間にプライベートで一番楽しかったこと」「これから1年間でチャレンジしたいこと」「ご自慢のスマホアプリ活用法をおすすめし合おう」「合コンで盛り上がるスマホアプリを考えよう(SNS、相性診断など)」の四つ。JCSSAの松波道廣専務理事は、「IT企業が会員となっているJCSSAらしさを出すため、今流行のスマートフォンをテーマにした。最初に、ソフトバンクの担当者から合コンで盛り上がるアプリを紹介してもらい、活気あるディスカッションにしたい」と語る。

 リラックスした雰囲気のなか、少人数に分かれたテーブルのメンバーを時折シャッフルして話し合いを発展させていくワールドカフェ方式を採用するという。懇親会では、ソフトバンクのノベルティが当たるじゃんけん大会(抽選会)を開催する予定。

 現在決まっている参加者は45名程度。男女にほぼ偏りはない。当初は年齢制限を求める声が上がったそうだが、出会いに悩むIT業界の関係者は少なくないとの判断から、「年齢や職種、バツイチの制限はない。唯一の参加条件は独身であること」(松波専務理事)にしたという。(信澤健太)