NRIセキュアテクノロジーズ(NRIセキュア、増谷洋社長)と日立ソリューションズ(林雅博社長)は、NRIセキュアが開発した情報資産の識別・整理ソリューション「SecureCube / Labeling」と、日立ソリューションズが開発した情報漏えい対策ソリューション「秘文V10」を連携させたソリューションを、6月29日から提供すると発表した。

 「SecureCube / Labeling」を用いて個々の電子ファイルに付与される機密レベルを示すラベルと「秘文V10」の電子ファイル持ち出しポリシーとの同期を図り、ラベルの付与から持ち出し制御までをシームレスに連携することで、機密情報の漏えいを防止する。

 電子ファイルのすべてにラベルを付与して可視化することで、社内情報資産の機密レベルを客観的に把握。機密情報の取り扱いに関して、情報システムの管理者と従業員の認識の統一を図る。また、「極秘」に区分された電子ファイルは社外への持ち出しを禁止にするなど、自社の持ち出しポリシーに応じて電子ファイルの持ち出しを制御できる。

 これによって、情報システムの管理者は、機密レベルごとの台帳や持ち出しのログ情報によって、機密情報の保存場所や持ち出し状況を簡単に確認でき、自社の情報資産を的確に管理することできる。