有力SIerのシーイーシー(CEC、柏木茂社長)は、7月26日、中国最大の通信事業者である中国電信集団(チャイナ・テレコム)傘下のITサービスプロバイダ、中国電信集団系統集成山東分公司、地場有力SIerの杭州東忠科技と、スマートフォン向け業務アプリケーション検証サービス事業で提携したと発表した。

 中国電信系統集成山東分公司は、中国電信集団関連企業と開発企業が提供するスマートフォン向け業務アプリケーションに関して、シーイーシーが東忠科技と運営する認証機関の品質検証を通過したソフトウェアだけ、出荷を認める納品検収認証制度の準備を8月に始める。品質検証は、シーイーシーが独自に開発した第三者検証サービス「PROVEQ(プロベック)」の経験と技術力を応用するかたちで、シーイーシー中国法人と東忠科技が協業して行う予定だ。

スマートフォンアプリ認証事業概念図

 シーイーシーと東忠科技は、業務提携をテコに、中国での「PROVEQ」事業を一段と拡大する方針。(安藤章司)