有力SIerのシーイーシー(CEC、新野和幸社長)は、11月24日、韓国の大手通信事業者、LGユー・プラス(イ・サンチョルCEO)とクラウド事業分野で業務提携したと発表した。

 CECは、提携の第一弾サービスとして、同社のデータセンターと通信回線を使い、拠点間や取引先との情報共有や共同作業ができるウェブストレージサービス「WebHard」を2012年3月に開始する予定だ。

業務提携の調印式に臨むCECの新野和幸社長(左)とLGユー・プラスのイ・サンチョルCEO

 「WebHard」は、世界でおよそ350万人が利用するLGユー・プラスのウェブストレージサービスで、CECは国内企業向けに月額料金4200円(税込)、容量10GBから販売する予定。サービス内容の詳細については、1月中旬をめどに明らかにするとしている。(安藤章司)