アイティフォー(東川清社長)は、8月21日、東京地区に新たなデータセンター(DC)を開設し、金融機関向けシステムや小売業向けシステムなどのクラウド&コロケーション(ハウジング)サービスをすぐれた堅牢性、冗長性、セキュリティ体制で提供する「ITFORクラウド&コロケーションサービス(ICCoS)」を開始した。

 新DCは、東京駅から30分圏内に位置し、周辺エリアは東京都都市整備局の「地震に関する地域危険度測定調査(第6回・平成20年2月公表)」で最上位の評価を受けるなど、自然災害リスクの低い場所に開設。地下60mに基礎コンクリート杭を打設して、建物と地盤の間に特殊な装置をつけた免震構造を採用することで、震災リスクを最小化している。

 予備線を含めた2系統の受電設備に加え、停電時には無給油で72時間給電できる自家発電設備を配備して冗長性を高めた。指紋認証を受けた1人だけが通行できる「サークルゲート」によって不正入室を防止するなど、入退室管理は厳重で、機器室だけでなくラックへの物理的なアクセスを記録・保存するなど、データを守るセキュリティ体制を整えている。

 アイティフォーの東京コールセンターから24時間365日遠隔監視して、リモートメンテナンスを行う。障害時には東京コールセンターのスタッフに加え、本社のソフト・ハードの技術担当者が原因を分析するなど、迅速に対応する。

 新DCは既設のDCと並行して稼働するが、アイティフォーは新DCへの移行を順次ユーザーに提案。新規案件については新DCで対応していく。