レノボ・ジャパン(渡辺朱美社長)は、8月29日、法人向けノートパソコン「ThinkPad」で初のウルトラブック「ThinkPad X1 Carbon」を発表した。8月29日に発売し、8月30日にはレノボ・ショッピングで販売を開始する。

 最薄部で約8mm、重量約1.36kgのウルトラブック。ディスプレイには、1600×900の14インチ アンチグレアHD+ディスプレイを採用した。標準で搭載するバックライトキーボードで、暗い場所でもキー操作ができる。従来のトラックポイントに加え、マルチ・ジェスチャーに対応したガラス製のクリックパッドを採用した。

前モデル「ThinkPad X1」より薄型・軽量化を実現しながらも、約7.8時間の長時間駆動を実現。「ラピッド チャージ」で、35分で約80%まで充電できる。