日立ソリューションズ(林雅博社長)は、北海道中央バス、キョウエイアドインターナショナル札幌支社、日立東日本ソリューションズの3社と協同で、北海道内の定期観光バスツアーへの参加者を対象に、スマートフォンを活用したサービスの実証実験を、9月15日~30日に実施する。

 実証実験は、北海道中央バスの「夏の絶景積丹岬コース」参加車の各日先着5人にスマートフォンを貸し出し、観光名所やレストランの店舗情報を写真入りで紹介する観光情報ガイドを提供。位置情報を利用して、地図上に観光コースの情報と参加者がツアー中にスマートフォンで撮影した写真を組み合わせ、ツアー終了後に電子アルバム化して提供する。

 実証実験では、北海道中央バスが定期観光バス参加者に新しいサービスを提供し、キョウエイアドインターナショナルが新サービス全般に関するコンサルティングを実施、日立東日本ソリューションズが新サービスの企画、日立ソリューションズがITシステムの開発をそれぞれ担当している。キョウエイアドインターナショナル、日立東日本ソリューションズ、日立ソリューションズの3社は、実証実験の結果を受けて、北海道中央バスでのサービス拡充と実用化に向け、さらに新しいサービスの企画・開発に取り組む。(ゼンフ ミシャ)

スマートフォン利用画面イメージ