宮城県仙台市のICTベンダー、グッドツリー(西原翼社長)は、介護老人福祉施設に特化したクラウド型の介護業務支援サービス「ケア樹」を9月26日に発売する。

 施設利用者の基本情報管理機能や、サービス実施記録や請求処理、スタッフ管理などの機能を備え、iPadに対応したクラウドサービス。iPadで、介護老人福祉施設の管理業務効率を向上する。月額利用料は1800円から。

 グッドツリーは、2018年までに「ケア樹」を全国で展開し、年間売上げ5億円を目標に掲げる。(ゼンフ ミシャ)