JBアドバンスト・テクノロジー(JBAT、赤坂喜好社長)は、ユーザー企業・団体の情報セキュリティ対策を支援するアプライアンス「DS Web Access」を発売した。

 高速キャッシュを備えたウェブプロキシ機能で、ウェブアクセスのスピードを速めることができ、簡単な操作で従業員のウェブアクセスを制御することもできる専用機器。ウェブを経由した機密情報の漏えいを防ぐほか、業務に関係のないウェブサイトの閲覧を禁止することもできる。

 価格はオープンプライス。販売目標は初年度50台の出荷としている。今後、JBATは、「DS Web Access」の販売だけでなく、情報資産を守るITソリューションを商品化して発売する計画だ。