日立システムズ(高橋直也社長)と日本マイクロソフト(樋口泰行社長)は、9月26日、クラウド事業で提携したと発表した。同日、日立システムズは、日本マイクロソフトのサーバー向け新OS「Microsoft Windows Server 2012」の仮想化技術「Hyper-V」をベースにした5種類のクラウドサービスの提供を開始した。

 日立システムズは、「コミュニケーションシステム クラウドサービス」「仮想化クリニックサービス」「Hyper-V プライベートクラウド構築サービス」「オンサイト型リソースオンデマンドサービス」「BusinessStage仮想デスクトップサービス」を販売。また、「Hyper-V」と統合管理製品「Microsoft System Center」を次期クラウド基盤に採用し、日立システムズのデータセンターと顧客サイトで、今後3年間に1万台のサーバーの仮想化を目指す。

 日本マイクロソフトは、日立システムズが提供するクラウドサービスの開発・提供に対する技術支援・人材育成を行う。3年間で「Hyper-V」技術者を3000人、「Hyper-V」営業担当者を800人、「Hyper-V」関連の資格取得者500人の育成を目指す。(真鍋武)