日立製作所(中西宏明社長)と日本マイクロソフト(樋口泰行社長)は、4月13日、相互のクラウドサービスを国内外で連携させていくことを発表した。日立製作所のクラウドサービス「Harmonious Cloud」と、Microsoftのパブリッククラウドサービス「Windows Azure Platform」を連携させ、グローバル規模でハイブリッド型のクラウドサービスを提供する。

 クラウド間の連携はさまざまな方式があるが、今回の協業では、「運用まで踏み込んだシステム間の深い連携にもとづいて、高い信頼性をもつハイブリッドクラウドサービスにしていく」(日立製作所の佐久間嘉一郎情報・通信システム社プラットフォーム部門CEO)と、信頼性やコストパフォーマンス、グローバル対応力を高めたサービスにする。

提携を発表する日立製作所の佐久間嘉一郎情報・通信システム社プラットフォーム部門CEO(左)と日本マイクロソフトの樋口泰行社長

 「Windows Azure Platform」は、拡張性が高く、迅速で柔軟なパブリッククラウド基盤。日本マイクロソフトの樋口泰行社長は、「日立製作所の高品質なクラウドサービスとハイブリッド化することで、拡張性と俊敏性あるシステムでユーザー企業の市場競争力を高める」とした。

 日本マイクロソフトは、クラウド分野で富士通やNECとも協業しており、富士通はすでに「FGCP/A5 Powered by Windows Azure」の名称でAzure活用クラウドサービスを提供している。日立製作所との協業は、「Harmonious Cloud」と「Windows Azure Platform」を連携させ、ハイブリッドクラウド化するもので、「これまでの提携とは種類が異なる」(樋口社長)という。

 日立製作所のクラウド関連事業は、2015年度に5000億円規模の売り上げを目指して事業の拡大に取り込んでおり、日本マイクロソフトとの提携はこの一環だ。(安藤章司)