MetaMoJi(浮川和宣社長)は、9月26日、スマートデバイス向け手書きノートアプリケーション「Note Anytime」のiPad版の提供を開始した。10月末にWindows版、今年末にiPhone版、来春にAndroid版の提供を予定している。

 スマートデバイスに指でタッチして、紙のノートに書き込むようにメモ書きできるアプリケーション。UI(ユーザーインターフェイス)はシンプルな構成で、ボタン一つだけを表示する。ボタンを押すと操作アイコンが表示され、iPad上で約12畳の広さに相当する画面に編集することができる。

 メモ書きした文字を美しく見せるカリグラフィーペン機能によって、紙に直接書くときのような、きれいなメモ書きを実現。オプションのカスタマイズカリグラフィーペンでは、ペンの角度やパラメータを設定して、独自の筆跡を作成できる。ワープロのようなテキストボックス、ウェブ上の画面や写真の取込み、PDFファイルの編集、画面の拡大/縮小・回転、用紙設定などの機能を搭載。日本語手書き変換アドオン「mazec」を利用して、手書きの文字をパソコン文字に変換することもできる。 

「Note Anytime」のデモンストレーション。カリグラフィーペンで文字を美しく見せることができる

 さらに、オンラインストレージサービスの「デジタルキャビネット」と自動で同期して、クラウド上にデータを保存することで、異なるスマートデバイスからのデータ利用を実現する。

 浮川社長は、「スティーブ・ジョブズは、iPadを発表したとき、『紙とペンの新しい発明』と言ったが、ハードウェアだけではなかなか達成できるものではない。ハードとソフトの環境がそろって初めて実現できる。その壮大な夢を実現するために『Note Anytime』を発明した。13か国語に対応しているので、世界中の人々に使ってもらいたい」とアピールした。 

浮川和宣社長

 アプリケーション本体は無料で、使用するごとに減っていく文字インクがなくなったら購入する仕組み。文字インクは170円で、オプションのカスタマイズカリグラフィーペンが450円、日本語手書き変換アドオンが600円、カリグラフィーペン用グラデーションインクが350円、背景の用紙が85円。「デジタルキャビネット」は2GBまで無料で利用できる。(真鍋武)