NECキャピタルソリューション(安中正弘社長)は、ICT(情報通信技術)資産に関わるBPO型クラウドサービスを強化し、タブレット端末やスマートフォンなど、スマートデバイスの管理オペレーションを代行する「PIT-MDMマネージドサービス」の提供を、法人向けに開始した。

 「PIT-MDMマネージドサービス」では、顧客からの依頼にもとづいて、同社のICT関連サービス専門子会社であるキャピテックのサービスデスクが、スマートデバイスのセキュリティポリシー設定や盗難・紛失にあった際の遠隔制御オペレーション業務を実施。これによって、顧客は専任の管理者や運用インフラを置くことなく、スマートデバイスを安心して利用することができる。

 また、同社のモバイルPCを対象としたHDD暗号化サービス「SecureDoc マネージドサービス」や、遠隔データ消去サービス「トラストデリートマネージドサービス」をあわせて利用することで、モバイルPCとスマートデバイスを一元管理できる。

 価格は、1台あたり月額420円。最低使用期間は6か月から。