ベーシック(奥田克彦代表取締役)は、9月10日、スマートデバイス利用者の操作・行動に合わせてダイナミックに利用モードを切り替えることができるBYOD(Bring Your Own Device)に強いMDM(モバイル端末管理)製品「B-Link MDM」を、10月に発売すると発表した。

 「B-Link MDM」は、スマートデバイス利用者の操作・行動に合わせてビジネスモードやプライベートモードなど、複数の利用モードから最適なモードを選定して適用。利用モードごとにアプリケーションの起動可否などのポリシーをホワイトリスト/ブラックリスト形式で管理している。柔軟性が高く、利用者の利便性を損なうことがない。

 また、一般的なMDM機能(リモートワイプ・ロック・不正操作対策など)を標準搭載。さらに、クラウドシステムをセキュアに利用できるスマートデバイス向けブラウザ「B-Link Browser」との連携機能で、セキュリティに配慮している。