NTTアイティ(長谷雅彦社長)は、健康管理業務を効率化する自治体向け健康管理システム「住民健診システム」を11月1日に発売する。

 自治体が健康管理業務を効率的に実施できるよう、法律にもとづいた各種健康管理業務をパッケージ化した。多様化・複雑化する健康管理業務をシステム機能として標準搭載したうえで、各自治体の運用・実務に応じたシステムを構築する。要望に応じてカスタマイズする。

 従来のオンプレミス型に加えて、クラウド型での構築にも対応する。税別価格は、オンプレミス型が500万円から。クラウドサービス型は、別途問い合わせ。