テンダ(小林茂代表)は、グループウェアとプロジェクト管理を統合したウェブシステム「Time Krei」の「Ver.2.0」を発売した。

 「Time Krei」は、グループウェア機能とプロジェクト管理機能、ワークフロー機能、強力なビジネスインテリジェンス(BI)分析機能を一つのシステム内に統合したASP/SaaS型ウェブシステム。「Ver.2.0」は、全プロジェクト管理のリソースを一覧で把握し、割り当てられるリソース管理機能や、スマートフォン/タブレットからのスケジュール登録機能などを実現した。また、既存機能を強化し、利便性を向上している。

 機能強化では、ライン管理者が各プロジェクトに対する人員リソースの配置状況を把握し、適切にリソース割り当てる機能を追加した。要員別・プロジェクト別のリソース割当て状況や予定工数、実績工数などを一覧表示、あるいはガントチャート表示することによって、要員の空き状況、作業負荷などを瞬時に把握することができる。ドラッグ&ドロップ操作で、プロジェクトに対して人員リソースを簡単に割り当てることもできる。

 また、プロジェクトトップ画面をリニューアル。プロジェクトの一覧に、進捗率や予実工数、遅延日数、コスト差異情報を表示することによって、プロジェクトの状況をひと目で把握できる。さらに、表示領域の拡張や各機能への遷移を改善することで、問題のあるプロジェクトの詳細な状況にもすばやくアクセスできる。

 このほか、iPhoneやAndroidなどのスマートフォンからスケジュールや実績の登録が可能。外出先での急なスケジュール変更や、作業終了直後に実績登録などを手軽に行うことができる。