その他

<THE決断!ユーザーのIT導入プロセスを追う>ウイングアーク 脱「表計算ソフト」で可視化を実現 プロジェクト管理の導入で稼働率を高める

2012/10/04 21:03

週刊BCN 2012年10月01日vol.1450掲載

 ソフト開発ベンダーのウイングアークは、テンダが開発したプロジェクト管理システム「Time Krei(タイム クレイ)」を採用した。ウイングアークは、同社ミドルウェア製品で帳票基盤「SVF」の客先システムへの実装を自ら手がけており、ここで発生するシステム構築(SI)プロジェクトに「Time Krei」を活用。人員の最適配置を通じて、コストや納期の管理レベルを大幅に引き上げた。今回の「Time Krei」はSaaS方式で提供しており、ユーザーのシステム運用にかかる負荷軽減にも役立っている。

続きは「週刊BCN+会員」のみ
ご覧になれます。

(登録無料:所要時間1分程度)

新規会員登録はこちら(登録無料)

会員特典

詳しく見る
  1. 注目のキーパーソンへのインタビューや市場を深掘りした解説・特集など毎週更新される会員限定記事が読み放題!
  2. メールマガジンを毎日配信(土日祝をのぞく)
  3. イベント・セミナー情報の告知が可能(登録および更新)
    SIerをはじめ、ITベンダーが読者の多くを占める「週刊BCN+」が集客をサポートします。
  4. 企業向けIT製品の導入事例情報の詳細PDFデータを何件でもダウンロードし放題!
  5. 企業向けIT製品の導入事例情報の掲載が可能(登録および更新)自社の導入事例を無料でPRできます。
  6. ※会員登録フォーム内、「ITベンダー登録」欄での申請が必要です。
  • 1

関連記事

テンダ、ウェブシステム「Time Krei」の利用企業数が750社を突破

ウイングアーク、帳票基盤ソリューション「SVF/RDE」の導入サービスを拡充