日立コンシューマエレクトロニクス(渡邊修徳社長)は、スマートフォンやタブレット端末と連携して操作性を向上した液晶プロジェクタの新製品を11月15日に発売し、教室や中・小会議室のスタンダードタイプとして拡販する。

 発売するのは、「CP-X4015WNJ」(XGAリアル対応、4000ルーメン)、「CP-X3015WNJ」(XGAリアル対応、3200ルーメン)、「CP-WX3015WNJ」(WXGAリアル対応、3000ルーメン)の3機種。新たに、iPadやiPhoneからワイヤレスでプロジェクタを操作することができるアプリケーション「Projector Quick Connection」に対応した。また、マルチ表示モード対応で、写真やドキュメント、ウェブページなどを4画面まで同時に投写することができる。

 ランプの電力を制御する「Image Care」技術を応用した独自の「セーバーモード」と「インテリジェント・エコモード」に対応。新搭載の「セーバーモード」は、設定した時間を超えて映像信号に変化がなかった場合、ランプの明るさを自動的に落として消費電力を抑える。「インテリジェント・エコモード」は、投写する映像の明るさに応じてランプ出力を自動調整する。二つの機能を同時に有効にすると、本体消費電力を最大50%低減できる。

 ネットワーク経由で複数台のプロジェクタを同時に遠隔管理・制御できる。1台のパソコンから最大12台のプロジェクタへ同時に映像を表示する「マルチプロジェクター機能」、一つのプロジェクタに接続された複数のパソコンやiPad・iPhone(最大50台)のなかから端末の選択や表示をコントロールする「モデレーター(司会者)」を設定する「モデレーターコントロール機能」にも対応する。