日本IBM(マーティン・イェッター社長)は、11月7日、エントリーモデルのディスクストレージ製品「IBM Storwize V3700(V3700)」を11月23日に発売する。

 「V3700」は、2010年10月に発表した上位機種「IBM Storwize V7000(V7000)」から、リアルタイム・データ圧縮機能と異機種ストレージ接続機能を除き、「V7000」の適用規模よりも小規模な環境向けに価格を抑えたモデル。ユーザー企業のシステム環境の変化に応じて、サーバー稼働中でも、SSDや高速HDD、大容量HDDなどストレージ階層間でデータを再配置できる「階層型ストレージ管理(ILM)機能」、限られたストレージ容量を効率よく使用する「シン・プロビジョニング機能」を標準で搭載している。

 ディスクの使用状況が直感的に把握しやすく、操作が容易な日本語対応の管理画面を備え、IT管理者が不足している中堅・中小企業でも運用負荷を抑えることができる。さらに、ディスク拡張ユニットを接続することで、物理容量で最大180TBまで管理できる。

 ディスクの利用率を向上させてITコストを低減するストレージ簡易診断サービス「SMASH」に対応し、効果を導入前に把握できるようにした。

 税別価格は、最小構成で122万7200円。なお、「V3700」への移行を容易にするために、リース期間満了時の残存価値に応じた低価格なリース支払いプラン「Fair Market Value リース(FMVリース)」を、信用審査を通過したユーザー企業に対して提供する。また、12月31日までに「V3700」を導入してリース契約を締結した場合、支払い猶予期間を最大3か月まで設けるプログラムや、移行に際して不要となるストレージ製品をIBMで買い取るサービスも提供する。