ニュース

アイティフォー、ノンバンク向け延滞債権管理システムの新パッケージ

2012/11/20 18:26

 アイティフォー(東川清社長)は、ノンバンク向け延滞債権管理システム「TCS延滞債権管理システム」の新版を来春に提供する。

 延滞債権管理システムは、83年の発売以来改良を重ね、金融機関、ノンバンク、サービサーなど、170社を超える納入実績をもつ。現在開発を進めているノンバンク向けの新パッケージは、交渉業務のさらなる効率化や各種業法違反の厳格管理など、機能を大幅に強化する。

 延滞債権管理システムが保有する各種データを有効活用するための諸機能を盛り込み、内部統制の厳格化に対応するも新機能も追加する。価格は1800万円から。11月20日に受注を開始した。
  • 1

関連記事

<THE決断!ユーザーのIT導入プロセスを追う>POSとCRMの運用費を大幅削減 パッケージとクラウドの組み合わせで

アイティフォー、輸入生活雑貨店「PLAZA」に「RITS」のPOSとCRMモジュールを納入

アイティフォー、DCインフラの統合管理ソリューション

アイティフォー、東京に新DCを開設、クラウド&コロケーションサービスを強化

アイティフォー、テアトル債権回収にサービサー向け債権管理システムを納入

外部リンク

アイティフォー=http://www.itfor.co.jp/

セミナー情報


【2/15(水)オンライン無料開催】帳票DX DAY

帳票のデジタル化から始まるバックオフィスDX

× こちらから>>