ほくでん情報テクノロジー(佐藤富士夫社長)、電算システム(田中靖哲社長)、ファーストライディングテクノロジー(上原稲一社長)、三井情報(齋藤正記社長)は、自動的にデータを分散保管する「災害リスク分散型バックアップサービス」を2013年2月に発売する。

 4社は、2011年8月からユーザー企業の事業継続を支えるシステム環境の提供などを目的としてアライアンス体制を構築し、DR(災害復旧)サイトの共同提案を進めてきた。このアライアンス体制を活用し、企業規模、業種を問わず、重要データを扱うユーザー企業のBCP(事業継続計画)やセキュリティ対策のニーズに対応する「災害リスク分散型バックアップサービス」を提供する。

 サービスは、免震・耐震設備や安定した電力供給能力といった耐災害性にすぐれた国内各地の信頼あるデータセンターを利用し、安全性、セキュリティレベルの高い運用の下、ユーザー企業のデータを保管することによって、地域災害発生や電源供給問題発生時でもデータを安全に保管することができる。

 また、秘密分散技術を適用し、対象データの無意味化とデータ分割を行った後、各データセンターへ1断片ごとに分散保管する。これによって、1断片単独では意味をもたない情報となり、万が一漏えいが発生しても、元データを復元することはできない。また、1か所のデータセンターが被災し、機能しなくなった場合にも、残りのファイル分割片からデータ復元が可能で、耐災害性にもすぐれている。

 専用ソフトウェアをPC/ファイルサーバーへインストールするだけで利用できる。また、ユーザー企業がPC/サーバー上のフォルダにファイルを入れる操作でバックアップを行う。

 価格例は、初期費用が無料、「クライアントPCタイプ」が5GBまで月額1700円、「ファイルサーバー利用」が5GBまで月額1700円、「バックアップ利用」が10GBまで月額2450円、「企業間データ共有タイプ」が1人あたり月額950円、5GBまで月額750円。