三井情報(MKI、齋藤正記社長)は、テレビ東京ダイレクト(山口眞名社長)のテレビ通販事業とEC事業「てれとマート」の在庫管理や受発注に関わる通販基幹システムを構築したと発表した。

 テレビ東京ダイレクトは、品揃えを充実させ、顧客のニーズに合った販売チャネルを確保することによって、売り上げの拡大を図っている。今回、ショッピングの快適性向上を目指して、在庫管理手法の見直しと通販基幹システムの刷新を行った。

 構築後のメンテナンス性を考え、ウェブシステムによる構築を採用。一方で、運用コスト削減を強化するため、ウェブシステムが苦手とする高度な操作性とパフォーマンスを提供しながらも利便性を失わないように、各端末でアプリケーションの追加インストールを行わず、ブラウザのみで稼働するよう構築した。これによって、保守フェーズでの追加開発でも端末への展開作業が不要となり、日々変化するニーズにすばやく対応できる。

 また、販売手法が多様化するなかでも柔軟な在庫管理を実現するために、ビジネス戦略に合わせた仕様を検討し、在庫確認から受注・発注まで、スムーズなオペレーションを実現した。さらに、今後のシステムの拡張性を考慮し、MKI独自のフレームワークを適用している。