富士通(山本正已社長)は、国立大学法人京都大学(松本紘総長)が、汎用サーバーシステムの事業継続性の強化とICT投資の最適化に向けてサーバー128台を仮想化し、学内にプライベートクラウドを構築して、2012年12月28日に本格運用を開始したと発表した。

 京都大学は、省電力と省スペースにすぐれた富士通のマルチノードサーバー「PRIMERGY CX400 S1」と「PRIMERGY CX250 S1」の合計128台を採用し、プライベートクラウドの環境を構築。400台以上の仮想サーバー設定が可能な仕組みを実現した。

 仮想サーバーのうち、一部の重要なものについては、複製情報を京都大学とBCPサイトで共有する。これによって、被災時や学内停電時でも、富士通のデータセンター(DC)に設置した代替サーバーに運用を切り替えて重要サーバーの運用を継続し、ホームページでの各種サービスを提供することができる。(ゼンフ ミシャ)