インターネットイニシアティブ(IIJ、鈴木幸一社長)は、ネットワーク管理サービス「SACM」経由でVPNや無線LANなどの機能を提供し、機能単位で課金する新たなサービスを2月14日に開始する。ネットワーク構築のためのコスト、時間を、従来サービスに比べて大幅に削減できる。

 新サービスのメニューは、各種回線に対応したインターネット接続とVPNによる拠点間通信機能を提供する「IPsec-VPNレシピ」と、PCやスマートデバイスが無線LANに接続するためのアクセスポイント機能を提供する「無線APレシピ」の二つ。

 サービスの利用に必要なアダプタは無償で提供するので、ハードの投資が不要。ネットワークの設定を簡素化する構成テンプレートも、IIJが一括で提供する。ユーザーは構成テンプレートの変数に必要なパラメータを入れるだけで、すばやくネットワークを構築できる。

 サービスはネットワークサービス事業者向けで、グループ会社のIIJグローバルソリューションズ(岩澤利典社長)が、サービスの基盤を利用して一般の法人向けにサービスを提供する予定。L2-VPNやWAN高速化などのサービスメニューを随時追加する。(本多和幸)