インターネットイニシアティブ(IIJ、鈴木幸一社長)は、岐阜県と提携し、クラウドを活用した新ビジネスの確立を支援する。県のIT拠点である「ソフトピアジャパン」で、スマートフォン向けアプリケーションソフトの開発を行うベンチャー企業などを対象に、IIJのクラウドサービス「IIJ GIOサービス」を提供する。

 スマートフォンなどのモバイル端末向けサービスを提供するにあたって、コストの問題から導入をためらうベンチャー企業が多いと感じたIIJは、「IIJ GIOサービス」の提供を通じて、これらの企業がクラウドを活用したビジネスを開始できるようにする。

 2013年5月31日まで、「IIJ GIOサービス」のクラウド環境を提供するほか、クラウド活用のノウハウ取得のための講習会を実施する。対象企業は、「ソフトピアジャパン ドリーム・コア」入居企業と、県が緊急雇用創出事業臨時特例基金を用いて実施する人材育成事業(スマートフォンアプリ開発関連人材育成事業、岐阜県版スマートフォンアプリ開発事業、Windows Phoneアプリ開発人材育成事業)の受託企業。研修カリキュラムで実施する場合に限る。