クラウディアン(太田洋代表取締役)と新日鉄住金ソリューションズ(謝敷宗敬社長)は、新日鉄住金ソリューションズが「Cloudianパートナー」として、S3オブジェクトストレージ製品「Cloudian」の企業向けサービスを提供開始した。

 「Cloudian」は、複数の汎用サーバーをハードウェアに利用しながら、ペタバイト規模のビッグデータを格納する拡張性、弾力性、信頼性、経済性を備えたクラウド・オブジェクトストレージを構築できるストレージ製品。国内外の商用クラウドサービスで豊富な採用実績をもつ。

 企業内でのプライベートクラウドなどでも使用できる実用性を備えるが、一方で、先端技術であるS3オブジェクトストレージをスマートデバイスなどで業務に活用していくうえでは、その開発の困難性やセキュリティの担保など、さまざまな課題が出ていた。

 新日鉄住金ソリューションズは、昨年4月に企業でのスマートデバイス活用を推進するスマートデバイスソリューションセンターを設置し、HTML5に準拠した次世代端末アプリケーション開発プラットフォーム「hifive」をOSSとして公開するなど、企業向けモバイルソリューションの開発に注力してきた。

 今後、これらの経験とリソースを活用し、クラウド・オブジェクトストレージとしての「Cloudian」を基盤としたスマートデバイス向けサービスを提供するとともに、プライベートクラウドやエンタープライズ向けソリューションのオブジェクトストレージとして「Cloudian」を販売し、技術サポートを提供していく。