新日鉄ソリューションズ(謝敷宗敬社長)とシトリックス・システムズ・ジャパン(シトリックス、マイケルキング社長)は、大規模デスクトップ仮想化ソリューション協業の第一弾として、資生堂販売(矢吹隆一社長)のPC端末3500台にデスクトップ仮想化サービス「DaaS@absonne(アブソンヌ)」を提供した。

 「DaaS@absonne」は、新日鉄ソリューションズのクラウド・コンピューティングITインフラサービス「absonne」上に、シトリックスのデスクトップ仮想化ソリューション「Citrix XenDesktop」を採用したサービスで、社員の生産性向上や情報システムの運用負荷軽減、情報セキュリティ強化、コスト削減を実現する。

 導入時にコンサルティングやデバイス・アプリケーション検証など、システムインテグレータとしての知見を生かした支援サービスを提供し、さらに運用業務のフルアウトソージングができる。シトリックス独自のCitrix HDXテクノロジーによって、ブロードバンドはもちろん、3G回線でも快適な操作性を実現する。

 資生堂販売は、社員の生産性向上やPC運用負荷軽減を目的に「DaaS@absonne」を導入。クライアント端末管理にかかわるITシステムのフルアウトソージングを実現した。新日鉄ソリューションズとシトリックスは、提供に際して既存環境からの移行や業務アプリケーションの稼働確認、とくにUSBデバイスなどの動作検証を行った。(真鍋武)