HDE(小椋一宏社長)は、メールシステムのクラウド化を支援するコンサルティングサービス「HDEメールコンサルティングサービス」を2月1日に開始した。

 HDEのもつ国内約6000社の豊富なメールシステム導入実績を生かし、ネットワークやメールの流量を診断して、メールサーバーの改善基準策定、将来設計へ向けた投資対効果の把握を支援する。また、従来のメールシステムやグループウェアなどからの最適な移行方法など、メールシステムのクラウド化に向けた導入計画を策定する。

 さらに、メールサーバーに起因する情報漏えい事故が、企業経営に与える影響度を分析するほか、プライバシーマークやISMSを取得する際に必要なメールシステム強化策を支援。グローバル展開でのメールシステムの運用計画立案も含めてサポートしていく。