11月1日、国内の独立系ソフトウェアメーカー(ISV)11社が、「ニフティクラウド ワーキンググループ」を設立した。日本国内のサーバーを使用した「ニフティクラウド」上で連携する純国産アプリケーションのプラットフォーム「サムライクラウド」を実現するのが目的。北斗システムジャパン(小堀慈明社長)の小堀吉伸取締役が座長に就任した。

 主な活動は、ニフティ協賛の下、「ニフティクラウド」上での国産アプリケーションの評価や、連携のための技術・ビジネスの交流を行う。「サムライクラウド」が純国産アプリケーションの共通プラットフォームとなることで、利用者にとってのシームレスな国内クラウド環境を目指す。

 参加企業はサーバーワークス、HDE、セシオス、オレガ、データ変換研究所、アルティネット、北斗システムジャパン、マインド、三三、ディアイピィ、CMSソリューションズの11社。

 ワーキンググループでは、さらに国内ISVの参加を募り、アプリケーション連携を促進するとしている。