HDE(小椋一宏社長)は、IPv6環境での利用を想定したLinuxサーバー管理ツール「HDE Controller」の最新バージョンを、パブリックベータ版として無償公開した。

 主要インターネットプロトコル「IPv4」は、グローバルアドレスの枯渇を目前に控え、よりアドレス空間の広い「IPv6」への移行が徐々に進んでいる。

 パブリックベータ版とは、最終バージョンがリリースされる前に、公開テスト向けに無償で提供されるプレリリース版のこと。公開テストを通じて、多くのユーザー環境で評価したフィードバックを収集する。

 ベータテストで、製品の正式リリースに向けて品質のさらなる向上を目指す。また、ユーザーから寄せられた意見や提案を製品開発に生かしていく。