NEC(遠藤信博社長)と網屋(伊藤整一代表取締役)は、アクセスログ監査領域での協業を強化する。NECは、網屋のアクセスログ監査ソフトウェア「ALog ConVerter(ALog)」をNEC製サーバー「Express5800シリーズ」に対応させた「ALog ConVerter for Express5800」を2月21日に発売した。

 これまで「ALog」は5サーバーライセンスからの販売で、中小規模のシステム環境には、高コストになるという課題があった。新製品は、「ALog」として初めて1サーバーライセンスからの購入に対応することで、中小規模システム環境への導入を促進する。

 税別価格は、1サーバー25万4000円から。NECは、社内50人の拡販体制を敷き、販売店やパートナーとの連携で新製品を拡販。今後3年間で3000ライセンスの販売を目指す。

 また、NECはファイルサーバー整理ソフトウェア「NIAS」を強化し、2月21日、「NEC Information Assessment System ALog連携オプション」を発売した。これによって、「ALog」から出力したファイルアクセス情報を利用してアクセス履歴のあるファイルに絞って管理情報の更新ができ、差分更新の時間を従来の約5分の1に短縮する。税別価格は50万円。

 NECと網屋は、今後両社の製品やサービスを組み合わせることによって、顧客の情報漏えい対策を強化し、安全性の高いサーバー運用環境を提供する。