NEC(遠藤信博社長)とNECソリューションズ(中国)(久保田亮董事長)は、12月26日、三池工業(橋本武始社長)の中国・広州にある自動車部品生産会社、広州三池汽車配件のシステムを構築したと発表した。システムは、部材・仕掛かり品をリアルタイムに一元管理し、棚卸作業含め、棚卸資産管理の効率化を実現する。

 広州三池は、数種類の鉄板を利用し、レインフォースなどの自動車部品を製造している。部材の在庫と生産現場の仕掛かり状況を正確に把握するために、これまでは現品の実地棚卸作業を四半期ごとに実施していた。今回、NECは業務システム基盤「GdFrame」を活用し、取り扱う部材や仕掛品のラベル(バーコード)を統一したほか、入出庫や生産工程をハンディ端末でラベルを読み取って部材・仕掛かり品の所在状況を把握できるシステムを構築した。

 広州三池は、このシステムによってリアルタイムに在庫と生産進捗を把握でき、実地棚卸作業の頻度と工数を削減するなど、棚卸資産管理の効率化を実現。三池工業は、今後、武漢など中国内の別工場へシステムを展開することや、日本国内でもシステムの導入を検討している。NECは、引き続き三池工業のグローバルでの効率的な生産管理を支援していく。