日本オラクル(遠藤隆雄社長)は、3月28日、従来機から性能を最大2倍に、ストレージ容量を最大3倍に向上した「Oracle Database Appliance」の最新版「Oracle Database Appliance X3-2」の国内での提供を開始したと発表した。

 4ユニットのラックマウント型システムで、「Oracle Linux」が稼働する「インテルXeonプロセッサ E5-2690」を搭載した「Sun x86」サーバー2台、18.8TB容量のストレージ1台で基本構成。ユーザーは、オプションの拡張ストレージ「Storage Expansion Shelf」を接続することで、最大構成で37.6TBまでストレージを拡張できる。

 独自の機能によって、サーバーに搭載されているプロセッサ・コアの使用を制限できるので、ソフトウェアのライセンス数を有効利用できる。また、必要なプロセッサ性能に合わせてソフトウェア・ライセンスを追加で購入して、「Oracle Database Enterprise Edition 11g Release 2」を最小構成で4コアから開始し、最大32コアまで拡張することができる。ハードウェアの税別価格は652万1742円。