日本オラクル(遠藤隆雄社長)は、ソフトバンクモバイル、ソフトバンクBB、ソフトバンクテレコム(ソフトバンクグループ、孫正義社長)に、ビッグデータ分析基盤を納入した。

 基盤は、ビッグデータ専用アプライアンス「Oracle Big Data Appliance」、高速分析専用マシン「Oracle Exalytics」、アナリティクス製品「Oracle Endeca Information Discovery」の三つで構成する。ソーシャルメディア上の非構造化データと社内基幹システムの構造化データを組み合わせて、高速の分析ができる。

 ソフトバンクグループは、3月14日に本格稼働を開始。データ分析によって顧客ニーズを正確に把握し、新しいサービスを迅速な提供に活用する。(ゼンフ ミシャ)