東芝ソリューション(河井信三社長)と日立ソリューションズ(佐久間嘉一郎社長)は、人事関連ソリューションで協業を強化し、4月24日、日立ソリューションズが東芝ソリューションの人事・給与ソリューション「Generalist/HR/PR」の提供を開始した。

 東芝ソリューションは、1998年から人財管理ソリューション「Generalist」の販売を開始し、約2200社に納入してきた。一方、日立ソリューションズは、94年に従業員フロントソリューション「リシテアシリーズ」を発売し、約920社に納入している。2010年には、従業員の健康管理やコンプライアンスの徹底を背景に就業管理システムのニーズが高まったことで、東芝ソリューションが「Generalist」の就業管理モジュールとして「リシテア」を採用。「Generalist/TM Powered by LYSITHEA」として販売してきた。

 日立ソリューションズは、得意とする中堅から大企業への対応を強化することを目的に、人事制度や業務など多様化する要望に柔軟に対応し、豊富な機能をもつ東芝ソリューションの「Generalist/HR/PR」の販売を開始する。双方の人財管理パッケージソフトの連携を強化することで、それぞれのシステムに集まる大量の人事データを統合的に管理したり、有効活用したりでき、経営層から現場管理者まで、迅速なマネジメントができるようになる。また、就業管理をはじめ、キャリアマネジメントや健康管理などのデータと人事・給与のデータをシームレスに連携し、顧客の課題を解決する最適なシステムをトータルに提案する。

 東芝ソリューションと日立ソリューションズは、連携によって中堅から大企業が抱える多様な雇用形態や処遇制度などへの課題に柔軟に応え、人事業務での従業員の業務効率向上や、採用・入社、キャリア育成などの中長期的な人財戦略実行までの業務をトータルに支援することで、人事関連ソリューション市場でのシェア拡大を目指す。