小田急バス(星野晃司社長)は、4月16日、日立ソリューションズ(佐久間嘉一郎社長)が提供する「遺失物管理システム」が、3月16日に稼働を開始したと発表した。

 小田急バスは、一般路線バス60路線と空港連絡バス4路線を運行し、1日約20万人の利用がある。これらの路線で拾得した遺失物は年間2万6000件(うち警察届け出件数1万5000件)で、利用者からの問い合わせは月平均2000件以上に上っている。従来は遺失物管理業務を6営業所で手作業で行ってきたが、担当者の作業負荷低減と迅速な問い合わせ対応に向けた遺失物情報の一元管理が課題となっていた。

 そこで小田急バスは、営業所6拠点に日立ソリューションズの「遺失物管理システム」を導入し、3月16日に稼働を開始。遺失物情報をサーバー上で一括管理し、各営業所での登録、検索、返還、警察届出業務を支援するシステムを活用して情報を一元管理し、遺失物情報の検索精度を向上させ、問い合わせに迅速に対応することでサービス向上を実現した。

 小田急バスは、今年度中をめどに、お客さまセンターにもシステムを導入する予定。遺失物の画像記録機能を活用して、これまで該当の営業所でしか対応できなかった遺失物の検索対応をお客さまセンターでもできるようにすることで、さらに顧客サービスを向上させる。