トヨタ自動車(トヨタ、豊田章男社長)は、4月26日、日本マイクロソフト(樋口泰行社長)の次世代プラットフォームを活用して、クルマの総合サイト「GAZOO.com(ガズー・ドット・コム)」を一新し、5月30日にサービスを開始すると発表した。

 「GAZOO.com」は、トヨタがインターネット上でユーザーと直接つながる場を設けるために、1998年4月に開設したクルマの総合サイト。現在の訪問者数は月間約165万人で、5年前の3倍に増えている。スマートデバイスが普及し、ユーザーの利用シーンが多様化したことで、システムの切替えや運用コストが増加していた。トヨタは、コストを低減し、より多くのユーザーを獲得するための機能の拡充を目的に、サイトの再構築を検討した。

 サイト一新にあたって、日本マイクロソフトのパブリッククラウドサービス「Windows Azure」の新機能「Windows Azure仮想マシン」上に「SharePoint Server 2013」を構築したサイト運営プラットフォームを世界で初めて採用。ユーザー同士が情報を共有するためのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)機能や、スマートフォンを活用したドライブ先でのガイド機能、一人ひとりが求める情報を精度よくまとめるパーソナライズ機能、自動車情報などを拡充している。

 また、「GAZOO.com」の会員制度とトヨタ車の情報サイトである「TOYOTA.jp」の会員制度の統合や、導入するSNS機能についてFacebookやTwitterとの連携を図ることで、より便利で充実した新しいカーライフスタイルをユーザーに提案する。

 トヨタは、11年4月に米マイクロソフト(スティーブ・バルマーCEO)と「Windows Azure」をベースとしたトヨタの次世代テレマティクス向けグローバルプラットフォームの構築に向けた提携について基本合意し、トヨタの社内グローバルITシステム構築にあたって、協力関係を強化している。

 トヨタ自動車e-TOYOTA部の山田博之部長は、「提携していることが、日本マイクロソフトを選定した理由の一つではあるが、実際には、導入を検討する段階で、他社のクラウドサービスも比較検証している。コストパフォーマンスや、『SharePoint Server 2013』のブログ機能、SNS機能、大量の情報を管理できるところが他社よりもすぐれていた」と導入の背景を語った。(真鍋武)

トヨタ自動車e-TOYOTA部の山田博之部長(左)と日本マイクロソフトエンタープライズビジネス担当の小原琢哉執行役常務