グーグルの「Google Apps」と日本マイクロソフトの「Office 365」が、文教市場で好調だ。企業向けには有料で提供しているが、教育機関に対しては無償で提供していることから、続々と大規模な導入が進んでいる。