トレンドマイクロ(エバ・チェンCEO)は、総合サーバーセキュリティの新版「Trend Micro Deep Security 9.0」を、6月10日に発売する。

 「Trend Micro Deep Security」は、脆弱性対策やファイアウォール、ウイルス対策など、サーバーのセキュリティに求められる多様な機能を統合するツール。エージェント型と、仮想環境に最適なバーチャルアプライアンス型で提供している。

 新版は、複数の仮想マシンの脆弱性を自動で保護する機能を備え、仮想マシンを運用する企業の管理工数を低減する。また、ウイルス検索の拡張として、複数の仮想マシンの同時検索機能や、各仮想マシンのハッシュ値をバーチャルアプライアンスがキャッシュとして保持し、変更があったファイルだけを検索する機能を追加した。

 価格は10万7400円から。今後1年間で10億円の売り上げを目指す。(ゼンフ ミシャ)