トレンドマイクロ(エバ・チェン社長兼CEO)は、セキュリティ関連情報を収集・分析し、ソリューションに生かすクラウド型セキュリティ技術基盤「Trend Micro Smart Protection Network(SPN)」を拡張する。

 8月7日に開催された情報セキュリティのトレンドを語るイベント「Direction 2012」の基調講演で、エバ・チェンCEOは、同社のコア技術であるSPNを拡張することを明らかにした。サイバー攻撃の多様化を受け、SPNに新たにいくつかのデータベースを統合し、企業の情報をより包括的に脅威から保護する仕組みをつくる。

 チェンCEOは、「モバイル端末の普及によって、企業では社員が情報を取り扱うときの方法が変わりつつある。社員はプライベートで使い慣れたモバイル端末を仕事の場でも気軽に利用し、社内システムに接続したり、機密データにアクセスしたりする。そんな状況にあって、モバイル端末を狙ったサイバー攻撃が急増している。企業を情報漏えいから守るために、社員があらゆるデバイスを使って情報を取り扱うという『ユーザーエクスペリエンス』の保護を徹底する必要がある」と語った。

 トレンドマイクロはSPNを拡張するにあたって、新たにモバイルアプリケーションを評価するデータベース「Mobile App Reputation」を統合。モバイルアプリケーションの不正な活動を評価するだけではなく、アプリケーションが使用するプライバシー情報や電力消費量も評価する。

 また、ファイルレピュテーション機能を強化。挙動監視によって不審と判定したファイル情報をクラウド上のデータベースへ送る従来の「フィードバック」機能に加え、ファイルの普及状況や地理・時期を含めた発見情報から評価する「コミュニティフィードバック」機能を実装する。(ゼンフ ミシャ)

エバ・チェン社長兼CEO