セールスフォース・ドットコム(宇陀栄次社長)は、6月3日、同社の金融プロジェクト担当アドバイザーに、日本銀行出身の富永新氏が就任したと発表した。日本銀行で長年にわたって金融機関のシステムリスク考査を主導してきた富永氏の経験と知見を生かして、金融機関向けビジネスを強化する。

 富永氏は、1980年に日銀に入行して以降、銀行間の最終決済を行う「日銀ネット」の開発など、約30年間、金融IT関連の職務に従事。直近の約10年では、考査役(企画役)、上席考査役(参事役)として、メガバンクの大規模システム障害やシステム統合モニタリング、インターネットバンク、地銀共同化、信金共同化などに幅広く立入調査し、多くの課題を指摘してきた。

 近年では、政府の情報セキュリティ基本計画検討委員を務めたり、アウトソーシングの進展に即応してITベンダーへの任意の立入調査を行ったりするなど、金融機関のシステムリスク考査(システム監査)の第一人者として幅広く活動している。(真鍋武)