オウケイウェイヴ(兼元謙任社長)は、9月20日、セールスフォース・ドットコム(セールスフォース、宇陀栄次社長)との提携強化を発表した。

 両社は提携を強化し、オウケイウェイヴが運営するソーシャルQ&Aサイト「OKWave」に関して、一般利用者から投稿された2700万件以上のQ&Aコンテンツのデータベースを「OKBiz Support」を通じて、セールスフォースのクラウドサービス上で参考情報として利用できるようにする。

 オウケイウェイヴとセールスフォースは、今年5月8日、「OKBiz Support for Salesforce」の提供を開始した。すでに、オウケイウェイヴのFAQシステム「OKBiz Support」と、セールスフォースの営業支援・顧客管理アプリケーション「Sales Cloud」、カスタマーサービス支援アプリ「Service Cloud」とを連携させて提供している。セールスフォースのクラウドサービス上で、「OKBiz Support」でのFAQ作成・公開といったすべての管理作業を実行できる。「Sales Cloud」「Service Cloud」のユーザーからの問い合わせも、「OKBiz Support」のシステム上で受けることができる。

 オウケイウェイヴの福田匡成副社長は、「質問するときも、回答するときも、蓄積したナレッジから自動で必要な情報を表示する。社内に蓄積した情報だけでなく、『OKWaveコミュニティ』のビッグデータからも有用な情報を表示する」とアピールした。

 2013年9月までに、55サイトの導入と1億3000万円の売り上げを目指す。(信澤健太)

オウケイウェイヴの福田匡成副社長