日商エレクトロニクス(日商エレ、瓦谷晋一社長)は、5月8日から10日まで東京ビッグサイトで開かれた「Japan IT Week 2013春」の専門展示会の一つ「第4回クラウドコンピューティングEXPO」に出展。自社が率先して導入しているBYODなど、ワークスタイルの変革を提案する最新のソリューションを展示して、来場者の注目を集めた。

 日商エレは、クラウドコンピューティングの普及に伴って「いつでも、どこでも、どんなスタイルでも仕事ができる『モバイルワークスタイル』のニーズが高まっている」と捉え、そのためのIT環境整備のキーとなる技術の紹介に努めた。Citrixの最新モバイルソリューションや、プライベートクラウド/VDI構築向けのSIソリューション「Nissho-Blocks」などをPRした。

 Citrixのモバイルソリューションについては、MDM(モバイルデバイス管理)製品の「XenMobile」や、MAM(メディア資産管理)ソリューションの「CloudGateway」などで構成されるBYODソリューションを初公開した。

 ブース内のプレゼンテーションでこれらのソリューションを紹介したマーケティング本部の榎本瑞樹・第二マーケティング部長は、「BYODの本質は、アプリケーションやデータをセキュアに扱うことができるようにして、かつデバイスにそれらを依存しないこと」と説明した。「CloudGateway」は、企業が支給するビジネス用アプリケーションをコンテナ化し、企業側ですべての情報を管理する環境を構築できるため、「データやアプリケーションを適切に守ることが可能となる」(榎本氏)と強調した。

 また、「Nissho-Blocks」は、サーバー、ストレージ、ネットワーク、クラウド管理ソフトウェア、ハイパーバイザーを最適な構成で組み合わせて事前検証したリファレンスアーキテクチャをベースとするソリューションだが、榎本氏は導入事例などをもとに、「ユーザーごとに最適なクラウド基盤やVDI環境をスピーディに構築できる」とメリットをアピールした。(本多和幸)

盛況だったIT Weekの展示ブース

プレゼンテーションを行うマーケティング本部の榎本瑞樹・第二マーケティング部長