日立製作所(中西宏明社長)は、企業の複数拠点間のデータ通信速度を大幅に向上するネットワーク高速化装置「日立WANアクセラレータ」の新モデルとして、比較的小規模なオフィスや拠点などへの適用を想定した「日立WANアクセラレータ オフィスモデル(オフィスモデル)」の販売を、6月13日に国内外で開始した。あわせて、国内データセンター(DC)間の高速バックアップを実現する従来モデル「リモートバックアップモデル」に、国内と海外のDC間のバックアップにも適用できる新タイプを加え、国内外で販売を開始する。

日立 WAN アクセラレータ オフィスモデル

 「日立WANアクセラレータ」は、WAN回線のTCP通信そのものを大幅に高速化する装置。独自のアルゴリズムでTCPの転送性能の低下を最小限に抑え、WAN回線の物理帯域を最大限に活用することによって、日々更新される大容量データの転送時間を短縮し、業務の生産性を飛躍的に向上する。

 これまで、WAN回線への適用を想定して、国内外拠点間での大容量データの高速転送を実現する「ハイエンドモデル」(12年1月発売)、国内DC間の高速バックアップを実現する「リモートバックアップモデル」(12年11月発売)の2モデルを発売している。

 「オフィスモデル」は、TCPセッションあたりの転送性能(最大TCPセッション性能)を「ハイエンドモデル」の300Mbpsから30Mbpsとして、支社/支店、開発拠点など、比較的小規模のオフィスや拠点などへの適用を図る。また、「リモートバックアップモデル」でも、最大TCPセッション性能を従来タイプの1Gbpsから150Mbpsにした新タイプを追加し、国内のDC間の高速バックアップに加え、国内と海外のDC間にも適用できるようにした。

 価格は、「オフィスモデル」(10月31日出荷開始)が840万円から、「リモートバックアップモデル(150Mタイプ)」(9月17日出荷開始)が2415万円から。